大阪府泉大津市出身
1996年3月大阪工業大学 卒業
1996年4月某業界大手の文房具会社に就職
開発部希望にて入社したが当初3年間は製造ラインに配属が決定済みだったこともあり、新人研修時に退職を決断し、6月退職。終身雇用時代でもあり世の中から外れ感(挫折)を味わう。
1996年営業職への憧れもあり、再就職するなら「人生において一番高価な買い物」であるマイホームの営業に従事したいと考え、不動産に進むことを決断する。

地元で営業が最も厳しいと噂される不動産会社マンション販売部へ就職が決定。
ひたすら飛込みとTELセールスを行う。
(得た知識:人の感情、言葉使いなど)

3か月間無職期間中、宅地建物取引主任者合格
1998年マンション竣工後の経過や様々なマンションの経年劣化(行き先)を管理会社で体感でき、退職(得た知識:居住した後のメンテナンスおよび修繕について)

再度、販売現場にと思い設立3年目のマンション販売会社へ就職。会社運営のため半年後に営業とは別の業務部(住宅ローン、引渡し)に配置転換。また半年後に次は総務部配置転換。営業トップレベルの大手企業のノウハウを身に付けたく会社を退職(得た知識:住宅ローン仕組み、仲介の流れ、会社運営のしくみ)

マンションモデルルームに興味本位にて当時彼女と見学し、購入してみないと買った人の気持ちがわからないと判断し、1件目購入(自己資金100万円)その後、両親に挨拶し結婚。
2000年マンション購入した後の流れを管理会社で勉強でき、退職(得た知識:居住した後のメンテナンスおよび修繕について)

 

再度、販売現場にと思いマンション販売会社へ就職。
半年もせずに、社長の依頼により会社のため、営業とは別の業務部(住宅ローン、引渡し)に配置になりローンの知識を得た。また半年後に次は総務部配属なり、総会や会社運営の知識を得た。が会社が軌道にのり、改めて、トップレベルの大手企業にて営業のノウハウを勉強したく会社を退職(得た知識:住宅ローン仕組み、仲介の流れ、会社のしくみ)

2001年大手ハウスメーカーグループ会社に就職。本体社員と同じ扱いにて教育研修、営業会議などに参加し、新築マンション販売について用地仕入、商品企画、販売企画、管理内容企画などの知識を得る。小規模、中規模、大規模、タワーマンションの販売、企画、建築現場を体感。マンションの規模によって費用や性質の違いを学びそれぞれの特徴を現場営業スタッフとして購入検討者に16年間説明。数多くの販売現場においてトップセールスの地位につく。東京転勤中に東京にて自宅として1部屋購入(自己資金100万円)

大阪転勤が決まり自宅として大阪にて1部屋購入(自己資金100万円)

居住していたマンションの隣りにタワーマンションができ資産として1部屋購入(自己資金100万円)

2018年45歳を機に、自分らしい「マイホーム」について言及したくなり、また会社という雇用形態に疑問を持ち、会社ブランド、役職を放棄し退職
(得た知識:販売方法、地域による文化の違いなど)
退職前に長年勤めてきた会社が販売したタワーマンションのひと部屋を最後に購入者として欲しくなり1部屋購入(自己資金100万円)
現在株式会社宮崎商事を立ち上げ、友人の不動産会社に籍を置き、不動産に携わりながら会社経営を始める。

今までに私は数多くのマンション購入検討者、購入者に会ってきました。実際、検討者にお会いし話をした人は数千組になると思います(推定3000組)。新しいお住まいへフォローをさせて頂いた人は1000組超、その内私が直接、契約、ローン事務、引渡しなどを密にお手伝いをさせて頂いた件数は200組超になります。

この20年間で購入検討から引渡しまで数々の悩み事を聞き相談しながら、それぞれの人生に関わらせて頂きました。また逆に事業主(売主)や広告代理店の企画は販売計画、引渡し後の管理会社での維持管理など、一般の方には、なかなか触れることのできない新築販売の売手側からやマンション竣工してからの経年後についても関わってきました。

この知識は、今いる住宅評論家、ジャーナリスト、アドバイザーとはまた違った角度から意見や助言ができるのではないかと思っています。マンションを供給する立場を離れ、購入者側に回り、一生に何度とないマイホームについてこの不動産知識を生かして、「持ち家希望の方にきっと役に立つ」と思い活動しています。

そんな私が始めたのが、憧れのマイホームとの距離を縮め、住まいに関するお金の疑問を解決する住まい情報サイト「KOKOPLAN-ココプラン-」です。